丹波市HP


ホーム>第4次発掘調査
第4次発掘調査

2010年3月9日(第4次発掘調査報告)
1月9日から始まった発掘調査は、人と自然の博物館の研究員や発掘ボランティアの皆さんのご協力により3月5日まで実施されました。
今回の調査では、丹波竜や肉食恐竜の獣脚類などの歯、カエルや恐竜の卵の殻など約2,667点もの化石が発掘されています。また、丹波竜の背骨に当たる(どう)(つい)(高さ約40センチ、幅約30センチ)は調査終盤に確認され現場保存されたことから、今年の冬に予定されている第5次発掘調査への期待が更に高まります。

詳細結果

(1)発掘面積  20u
(2)発掘調査日数 19日から35日までのうち56日間
(3)ボランティアの活動のべ494名(登録は58名)
(4)確認された化石の点数  2,667
(5)骨片以外の主な化石
【歯】
竜脚類5
獣脚類7
鳥脚類16
ほか42点/全70
【その他】
カエル19
他の小動物 459
卵の殻9
カイエビ37点/全524
下記写真】
発見された恐竜の歯の化石(左)、カエルの骨の化石(中央)、丹波竜の胴椎とみられる土出写真

2010年2月18日
記者発表が行われ、新に肉食恐竜または鳥、カメのものと見られる卵殻の化石が、ほぼ1個分発見されましたとの発表がありました。
今後、表面や断面を調査し何の卵か確認される予定で、学術的意義によると、100u足らずの発掘範囲から、多様な生物群の化石が集中して出てくることは極めて貴重とのことです。
2010年2月4日
記者発表の三枝研究員の報告では、骨片が800個ぐらいで確認されており、保存状態のよい歯もいくつか見つかっているようです。現在、化石を含む泥岩層を上から順に掘り下げて、4次発掘調査予定区域の1/10ぐらいが化石の密集する層に達しているところです。現在のところ、大きな部位は出ていませんが、今後の発掘調査に期待していま す。
2010年1月9日
本格的に第次発掘調査が始まりました。発掘調査には研究員をはじめ発掘ボランティアの皆さんも本日は31名もの参加をいただき、辻市長の激励や「ちーたん」も応援に駆けつけ、これから始まる第次発掘調査に期待する「ちーたん」でした。
 ※発掘調査は毎日行われる予定ですが、天候により、作業を行わない場合もあります。
2009年12月8日
12月8日から上部層の岩盤を取り除く作業が行われ、年明けの1月9日から2月下旬頃まで兵庫県立人と自然の博物館により、恐竜化石の発掘調査が行われることになります。
 ※発掘調査は天候により、作業を行わない場合もあります。
上へ戻る
丹波市HP