丹波市HP


ホーム>丹波竜化石工房
      









丹波竜化石工房から7km




丹波市の観光情報はこちら


       


 丹波市では、平成24年度から25年度までの2ヵ年をかけ、これまでに篠山層群から発見された恐竜等脊椎動物の復元図、並びに白亜紀前期篠山層群の生態環境復元図の制作を行う篠山層群復元丹波プロジェクトに取組んでおります。 
 丹波竜をはじめとした大型の恐竜、哺乳類、爬虫類、両生類、植物を含めた生態環境復元などにより、1億1千万年前の丹波竜の世界がよみがえります。


丹波竜化石工房ちーたんの館に
ガストニア全身骨格登場!

ガストニア(鎧竜類)の全身骨格(レプリカ)は、日本国内で展示される機会も非常に少なく、関西の博物館での常設展示としては、この丹波竜化石工房ちーたんの館で見ることができます。

 ゆるきゃら(R)グランプリ


  施設利用案内


住   所:〒669‐3198 丹波市山南町谷川1110(丹波市役所山南支所横


休 館 日:月曜日(祝祭日の場合は翌平日) 年末年始(12/29〜1/3)      
   
 

開館時間:午前10時〜午後4時(4/1〜10/31までは午後5時まで) 

入 館 料:
大人(高校生以上)200円    小中学生100円

団体割引:大人(高校生以上)100円    小中学生 50円


●兵庫県内の小中学生は、ココロンカードを提示いただくと入館料が無料になります。
●団体割引は、20名以上の団体様からになります。
●その他、団体割引及び免除等については、下記または窓口で問合せください。

【問合せ先】 丹波市 恐竜を活かしたまちづくり課

    電話:0795−77−1887 FAX:0795−77−0891


 丹波竜化石工房
「ちーたんの館」について

丹波竜化石工房は、恐竜化石のクリーニング作業を行い、発掘作業の推進を図ると共に、丹波竜化石の展示などによる情報発信や、体験学習の場とするために平成19年12月1日開設されました。
さらに、丹波竜が伝える丹波市の「自然」「歴史」「環境」「教育」「観光」を未来へと継承する拠点施設を目指し、平成22年12月4日、丹波竜化石工房「ちーたんの館」としてリニューアルオープン!

 館内の紹介


クリーニングルーム
兵庫県立人と自然の博物館から技術協力を受けながら、研究員やボランティアらの手によって丹波竜化石の発見現場から採取された化石をエアチゼル(小型削岩機)という機械を用いて、化石の周囲を覆う岩石を取り除く作業をガラス越しに見ることができ、映像モニターではクリーニング作業工程を紹介します。
丹波竜ゾーン/丹波竜ウォールマウント
原寸大の丹波竜の骨格図を壁面にダイナミックに表現し、クリーニングの済んだ化石レプリカを骨格図に貼付け、現在丹波竜の化石がどこまで発掘されクリーニングできているかが一目で分かります。
丹波竜ゾーン/発掘現場体験
 
産状レプリカと発掘現場で実際に使用したハンマー等の用具で臨場感のある発掘現場を再現しています。
丹波竜ゾーン/獣脚類の恐竜
ティラノサウルスとラプトレックスの頭骨レプリカを展示し、系統樹によって獣脚類の進化の歴史や、恐竜模型の第一人者である荒木一成氏制作の丹波竜フィギュア2007年版も展示しています。
ビジターゾーン
発掘現場や発掘された地層(篠山層群)にスポットをあて太古の大陸移動の時代にさかのぼり、丹波の自然環境について紹介しています。
ハンズオンゾーン
 
イラストや仕掛けを施したハンズオン什器で、子どもたちを中心に丹波竜やいろんな恐竜についてゲーム感覚で楽しむことができます。
図書コーナー
恐竜を中心とする地質、化石、生物などの専門図書が豊富です。自由研究や恐竜のことを調べるには是非!恐竜の漫画や絵本、ちーたんの巨大絵本もあるよ!
ちーたんグッズコーナー
 
いろんな種類のちーたんグッズなどが館内で買うことができます。是非お土産などに!
セミナーゾーン
   
オープンセミナーとワークショップ、研究会、特別展示など、様々な用途に利用できる体験型学習スペースです。
外観
アクセス
丹波竜化石工房は、丹波市役所山南支所を目印に。
   住所:兵庫県丹波市山南町谷川1110番地
   ナビ設定用電話番号:0795−77−0240
上へ戻る
                                  丹波市HP